母からのありがたい…けどちょっと大変な宅急便

仕事から帰ってきたら、宅急便の不在票がポストにありました。

母からの宅急便。この前送ってって頼んでおいた芋きんとんでした。

が…箱を開けてびっくり、芋きんとんだけじゃなくて煮物とかレトルトのご飯とかパスタとか、

どうやってこんなに入れたんだろう?って思うくらい、ぎゅうぎゅうに詰めてくれてました。

そして甘いものもいろいろたっぷり。

この前電話した時に、「仕事が忙しくて疲れる」ってグチったからかな?

親ってありがたいですね。

中のものを出したのはいいんだけど、買い物したばっかりで冷蔵庫も棚も余裕ないし、どこにしまおう?

けっきょくしまい切れないものもけっこうあって、

仕方ないから箱に入れておこうと思ったら、なぜかはみ出しちゃうんです。

どうしようっていじってたら、くちゃくちゃになった紙切れがぱらり。

広げてみたら母の字で「いったん出すと二度と箱に入らないと思います。がんばってください」。

それ、一番上に入れといてよ、もう!!

でも何をがんばればいいんだろう?って思いました(笑)